司法書士の取扱業務について

当事務所の中心となる業務内容をそれぞれご案内しております。一部案内のない業務もございますが、下記1~8の業務については、全て取扱可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。


司法書士の業務は、司法書士法第3条や司法書士法施行規則第31条に規定されています。

その内容は、およそ下記のようになります。

  1. 登記又は供託手続の代理
  2. (地方)法務局に提出する書類の作成
  3. (地方)法務局長に対する登記、供託の審査請求手続の代理
  4. 裁判所または検察庁に提出する書類の作成、(地方)法務局に対する筆界特定手続書類の作成
  5. 上記1~4に関する相談
  6. 法務大臣の認定を受けた司法書士については、簡易裁判所における訴額140万円以下の訴訟、民事調停、仲裁事件、裁判外和解等の代理及びこれらに関する相談
  7. 対象土地の価格が5600万円以下の筆界特定手続の代理及びこれに関する相談
  8. 家庭裁判所から選任される成年後見人、不在者財産管理人、破産管財人などの業務

相続

相続手続き 相続が発生した際には、被相続人(故人)が所有していた遺産について、誰がどの財産を相続するかを決めて、相続人の名義に変更することが必要です。 当事務所では、相続に...

詳しくはこちら

遺言

遺言 これから遺言書を作成したいとお考えの方への遺言の作成に関する相談を承ります。 財産を特定の人に遺したい場合、遺言書を作成する必要があります。 遺言を残すと相続分の指...

詳しくはこちら

裁判業務

裁判業務 貸金や家賃・敷金、損害賠償などを請求するなど、裁判所に訴えや申立てをするとき、皆さんに代わって書類を作成し、訴訟手続を応援いたします。 また、平成15年4月に施行され...

詳しくはこちら

不動産登記

不動産登記 不動産登記とは、皆さんの大切な財産である土地や建物の物理的な状況・権利関係に変化が生じたときに、その旨を登記簿に記載して社会に公示することで、取引の安全を守る制度です...

詳しくはこちら

商業登記

商業登記 商業登記は、株式会社などの法人について、設立(誕生)から清算(消滅)にいたるまで一定の事項を法務局で登記することにより、法人の内容を社会一般の人に公示することで、法人を...

詳しくはこちら

後見業務

成年後見 成年後見制度とは、病気や障がいなどで、判断能力が十分でない方が不利益を被らないように、法律行為(預貯金の出し入れ、遺産分割協議、不動産の売買、老人ホームへの入所等)を代...

詳しくはこちら

債務整理

債務整理 不況やリストラの影響で住宅ローンの返済ができなくなったり、消費者金融からの過剰な借入等から、多重債務状態となる人が増えています。 こうした多重債務状態を抜け出し、人生...

詳しくはこちら

法律相談

相談 相談にあたっては、問合せをするまでに相談自体を悩まれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 プライバシーに関することも話さなければならないため、相談内容によっては、...

詳しくはこちら

ご利用の流れ

お問い合わせから面談・ご契約・お支払いまでの流れを簡単にご紹介しています。

詳しくはこちら

皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。0422-38-8723受付時間 8:30-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。