はじめに【司法書士の仕事】

”司法書士の仕事=登記”でしょうか?

そりゃ登記でしょう。

 

そう答えたあなた、正解…いえ、間違いではありません。

なぜなら登記はもちろんですが、今は業務の範囲も増えています。

例えば、「簡裁訴訟代理等関係業務」の認定を受けた司法書士(「認定司法書士」と言ったりします。)は、簡易裁判所の140万円以下の民事事件という条件の元、弁護士さんのように原告or被告の代理人となる事も出来ます。

制限付きとはいえ、日常生活のトラブルってお金に換算すると140万円以下で十分対応できる範囲かな、と。

貸したお金を返してくれない、家賃の滞納、売掛金の回収問題等、金額が多くないので裁判は大袈裟・費用倒れと諦めている方も少なくありませんよね。

そんな時こそ認定司法書士の出番です。

ご存知なかった方、何か問題が起こった時にでも思い出して下さいね。

このHPを通して、司法書士ってこういう事をやる人なのね。こんな事も出来るのね。と、具体的に司法書士の仕事を知って頂き、法律の専門家として皆さんの身近な存在になれたら嬉しい限りです。

そんなわけで、司法書士の業務に関する情報や皆さんのお役に立ちそうな法律知識などを発信していこうと思います。

ネットを検索すれば、沢山の情報があふれている現代社会ですので、ここでは ”分かりやすく” をモットーに書いていきます。

ですので、検索すればすぐ出てくるような”ワード”に関しては、ほかに任せてしまう事も多々あると思いますので、ご了承下さい。

こんな感じです。↓

詳しくは法務省のこちら ➡ 司法書士の簡裁訴訟代理等関係業務の認定

 

皆さんの知りたい情報を発信していきますので、記事テーマ等のリクエストも大歓迎です。

その際は、お問い合わせフォームをご利用下さい。

初回相談無料~お気軽にご連絡下さい~

司法書士坂上美穂事務所は、どのようなご相談・ご依頼も誠実に対応することをお約束いたします。
1人で悩まず、まずは話をする事からはじめませんか?
話すことで気持ちが軽くなることもございます。

あなたからのご連絡をお待ちしております。